ダイエットをしようと思い立った時に

ダイエットをしようと思い立った時に、すぐにできる運動にウォーキングがあります。週の何曜日にウォーキングダイエットをするかを決めて、その時に歩きます。可能であれば、ウォーキングをしやすい衣服で、歩いても足に負担にならない靴を用意しましょう。ウォーキングダイエットの重要な点は、歩くペースといえます。スピードを出して歩いた方がカロリーの消費量は多くなり、逆に、ノロノロと歩いていたのでは、一向にダイエットにはなりません。普段の歩き方よりも、やや早めのペースで歩くことによって、ウォーキングダイエットの効果を得ることができるようになります。最初から、早い速度でウォーキングする事はできませんから、しばらくして慣れてきたら早く歩くようにしましょう。朝食を食べる前に、ウォーキングをするという習慣をつくるのがおすすめです。血液に溶け込んでいる糖が起きたばかりは少量なので、そのタイミングで運動をすることで脂肪の燃焼が促進できます。ただし、朝ご飯を食べる前にウォーキングをすると、空腹で目が回ったり、体調を崩す人もいますので、その点は様子を見ながら運動をする必要があります。朝のウォーキングをする時には、歩き出す前にバナナや牛乳などちょっとした食事をしてから歩き出したほうがやりやすいという人もいます。必ずしも朝でなければいけないということはありませんので、都合の時間をまずは捻出しましょう。ウォーキングダイエットは、最低でも20分は続けましょう。最初の20分は、体脂肪ではなく、血液中の糖が運動に使われています。20分以下の短時間の運動では、体内の脂肪を燃やすことができないため、ダイエット効果か得られません。ウォーキングダイエットも続ける事が大切なので、まずは無理のない範囲から始めてみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ