停滞期というものが長期でダイエットをしている人は誰でもある

停滞期というものが、長期でダイエットをしている人は誰でもあるといいます。停滞期というのは、順調に減っていた体重の減りがゆっくりになる時期です。この時期増えるのが、ダイエットに対するやる気が、運動をさぼっているわけではなく、食事も我慢しているのに体重がなかなか減少しなくなるとなくなってしまう人たちです。停滞期が起こってしまう要因は、ホメオスタシオスという体の防衛機能によります。一定に体の状態を保とうとする体の働きがホメオスタシオスというもので、周りの気温が下がっても一定に体温を保とうとするのもホメオスタシオスの機能だといいます。食事をダイエットのために減らすと、体重を保とうと食事が減ってもホメオスタシオスは機能するのです。できるだけ脂肪として摂取カロリーを蓄積しようとし、消費カロリーを少なくします。摂取できる栄養が少なくなっても体調が変化しないように、必死に体が戦っている状態が、停滞期と呼ばれるものの特徴です。停滞期がある程度の期間続くと、またダイエットが体が元に戻って順調にできるようになるといいます。2週間ぐらいで終わる人もいれば、1カ月かかる人もいる停滞期の期間は、人によって違うといいます。実はダイエットにとっては邪魔なことですが、健康な体が起こす正しい反応が停滞期というものです。ダイエットは、停滞期をうまく乗り越えることで最後までやり通すことが可能となるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ