肌の保湿に効果があるというコラーゲン

肌にいい成分といえば、肌の保湿に効果があるというコラーゲンやヒアルロン酸を真っ先に連想するのではないでしょうか。コラーゲンもヒアルロン酸も、保湿効果がありしっとりした美肌をつくる効果があります。ただし、ヒアルロン酸やコラーゲンの効果は、間接的なものです。ハリのある肌を維持するためには、細胞同士を繋げる作用があるというコラーゲンを積極的に摂取するといいようです。加齢と共に皮膚にしわやたるみが目立つようになるのは、年を取ると体内のコラーゲン量が減って、肌の弾力が失われるためです。お肌の若返りのためには、コラーゲンを摂取するといいでしょう。ムコ多糖類の一種であるヒアルロン酸は、人間の体では皮膚だけでなく色々な部分にあるといいます。皮膚の真皮層には、特に多くのヒアルロン酸が存在しています。ヒアルロン酸の保水力は強く、1gで6リットルの水を抱え込めるといいます。ヒアルロン酸が欠乏気味になると、肌が乾燥しやすいのも頷けるものでしょう。年齢を重ねると共に、ヒアルロン酸も体内から失われます。補給することで、肌の若返り効果が期待できます。ヒアルロン酸が水分を保ち、コラーゲンはみずみずしい肌を守る効果があります。効果的な肌の若返りを目指すのであれば、片方だけではなく、ヒアルロン酸もコラーゲンも補充してください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ